ステンレスリサイクルと産業廃棄物処理により、地球環境改善に貢献する阪神金属興業株式会社WebSite

土壌汚染浄化対策事業Soil pollution cleanup measures

  • 汚染土壌対応

    有害物質に汚染された土地を安全・安心な環境とするため、汚染された土壌を浄化することが望まれます。様々な浄化工法がありますが、全般的に非常に高価な工法となっています。
    弊社では、土留工事、切梁工、掘削工、良土の入れ替え等の工事を省いた分解菌による汚染土の浄化を行う研究を行い、第一種特定有害物質を分解菌により除去する安価な工法を確立しました。

  • 事業計画への影響を低減

    2003年、土壌汚染対策法が施行され、2010年に土壌汚染対策法が改正されました。改正により、土壌汚染対策法への対応機会が大幅に増え、汚染土壌への対応についても厳格化されました。この土壌汚染対策法や地方自治体の条例への対応を誤った場合、最悪のケースではマンション工事の中断等が求められることもあります。
    弊社、建設事業部は、土壌汚染対策法や地方自治体の条例によるお客様の事業計画への影響を低減できるよう、お客様を全力でサポート出来る体制を取らせて頂いています。

  • 微生物による土壌・地下水浄化
  • こんな場合にぜひご相談を
    土地の売買にあたり、汚染されていない事を低予算で確認したい
    重油を燃料として操業していた工場跡地の油による汚染を懸念している
    ガソリンスタンド跡地で集合住宅を建設する前に土壌を調べておきたい
    貸す土地に対し事前にリスクを把握しておきたい

    このような場合はぜひ、弊社へご相談ください。心よりお待ちしております。

    ↓↓↓↓↓
    土壌汚染対策工事の
    詳しい内容は
    こちらから!